妄想日記

pandafone.exblog.jp
ブログトップ

開けて三月もうすぐ四月。

のんびり続けるようなことを言い出して

皆さんの温かい言葉に甘えて放置して

気付けば既に三月も中旬・・・。

寒中見舞いも過ぎたこの時期に「あけましておめでとうございます」
なんて失礼極まりないノンビリ加減ですみません(-_-;)

盛岡はビッチャビチャのシャーベット。
夜中に降る雪は、こんなにもキラキラ輝き一面は将に銀世界!なんて
地元にも関わらず感激するほどフワフワした雪なのに・・・
朝はズッシリ重く・・・除雪車が制作する50kgはあろうかという塊に
悪態ついてしまってみたり。

この2~3日、断続的に降り続いた雪ですが、一昨日の夜中
コンビニに行こうと車に向かうと、吹雪の中に懐かしい声が。

吹雪でしたから当然視界不良。

けれど見上げてしまう懐かしい声。

そう、ハクチョーさんでした。
こんな吹雪の夜に里帰りかしら???
返りたいとなったら吹雪も何も関係ないよね。

今年は終ぞお姿拝見しないまま、声だけで春を迎えそうです。

高知で桜が開花したとか。

今年は早い春が訪れそうですね。






先日、2週続けて親戚の結婚式でございました。
その妹も年内に結婚したいとの話。
5月には25年来の友人の結婚式。
この友人は15も年下の若い娘さんを妻に迎え、専ら友人男チームの
羨望と尊敬の眼差しを一身に受け、日に日にやつれていっているような
そうでもないような。笑

しかし、この娘さん・・・
年を誤魔化しているのではないか!!!!!!???????
と思わずには居られない落ち着きと考え方の持ち主。
(けれど、やっぱり肌艶がイイ・・・)
本当にこんな男(その友人)でイイのか?????と
思わずには居られない美貌と可愛らしさ。
(けれど、ちょっと変わっている)
おかしい・・・この娘さん、もしかして
こいつ(その友人)を騙そうとしているんじゃないか?
(けれど騙そうにもコイツは金なんて無い)


娘さんのご両親のほうが年が近い状況に、付き合い当初は
「考え直したほうがイイ」だの
「これからもっと色んな男性に出会うんだよ?」だの
双方に失礼なことばかり言っていたが、昨年末に入籍したとの
報告に来たとき、同級生の中でも数少ない独身男(しかも今まで
浮いた話の一つもなかった)が春を迎えたことに感激。


最近じゃ旦那抜きで若妻ちゃんと夜な夜なお茶っこ。

ずっと黙っていた彼女の口は徐に開き始め
若くして長男の嫁(同居)となった苦労をポチポチと
話し始めたり(でも常に悪意が全く感じられず、むしろ自責に終始)
似た様な旦那を持つもの同士の苦労を語り合ったり
仕事の話で愚痴りあったり。

とても15歳の年齢差を感じさせない彼女に
今では私のほうが懐いている有様でゴザイマス。笑



と、まぁ本人は至って変わり映えの無い生活を送っているのですが
周囲が楽しいことばかりしでかしてくれるのでお蔭様で忙しく過ごしておりました。

久しぶりに自分の日記を読み返し、皆さんのコメントを読み返し、
今までの人生で何度となく感じたことを再確認。

「やっぱりアタシ、出会い運がイイ!」
人に恵まれているのでゴザイマス。半端じゃなく。

3ヶ月ぶりの日記に少し浸っているのか・・・
改めて、感謝申し上げたい。

「ありがとう。」
[PR]
# by mafo-pandakun | 2010-03-11 12:11 | 雑談

しわすなり。

もぅ12月。

今年は1年が早かったような異常に長かったような・・・

続くときは続くと言うが、昨年から相次ぐ身内の訃報と知人の訃報。
そして幼馴染や友人の相次ぐ寿。
まさに目まぐるしく冠婚葬祭で行ったり来たりの1年だった。

こんなに激動の1年もあるのだなぁ。


そんな訳で・・・目を奪われる瞬間が何度と無くあっても
カメラを携帯する状況に無かったり、撮る元気が無かったり。

実は今もココ盛岡では月の回りに光彩?のようなものが現れております。

明日の朝は氷点下と言っていたから、寒暖の差と雲の塩梅に上手いこと
仕上がったのかな?



巷では新型インフルさんに沸き立って?おりますが、
ワタクシの体にも昨年から異変が続いております。

と、いうのも・・・


ちょうど1年ほど前に高熱が5日間続く事態に見舞われまして、
病院をハシゴするもいずれも「インフルエンザではないねぇ。」との診断。
その前年にインフルさん(A 型)をやっていたワタクシは、
急激な体温上昇と関節痛、倦怠感、悪寒、等々に「こりゃインフルだ!」と
思ったのに。

そして今年の7月ごろだったかしら・・・
またしても急激な体温上昇。
おりしも世の中は「新型インフルエンザ」なるものに恐々としており、
不特定多数のお客さまと接するワタクシは「マズイ・・・」とばかり
直ぐ様、当地の保健所に電話。
結果としては、またしても「季節性ですらない。まして新型でもない。」との
診断だったが、今となっては笑い話、危うく岩手県第1号となるところでゴザイマシタ。
このときも4~5日、高熱と微熱を昼夜行ったり来たり・・・
あげく妊娠したかのように吐き気に見舞われ、何も食べられず、凄まじい
体力消耗を味わったものでした。


そして、先日の連休。

やはり突然の高熱。

世の状況から考えると、新型以外に何があろう!!ってな感じでしたが
その1週間前に喘息発作を起こしていたため、救急へ。
やはり診察待ちの間に喘息は併発し、新型インフルでも何でもいいから
楽にしてくれ~!!!状態に。

しかし、検査キット不足で検査も出来ず・・・
結果は「新型」であったのか・・・はたまた「やっぱり季節性ですらなかった」のか。
分からぬままに病院ハシゴの元気も無く、またも5日間ダウン。


年をとって体質が変わっているのか、

もしかしてワタクシの体は既にニュータイプなのか、

選ばれしものなのか!?

などとクダラヌ妄想に耽っている最近でゴザイマス。

時間が経つにつれ、今回の高熱も過去2回と全く同じ症状なため、
やはり季節性ですらなかったんじゃないか・・・などと感じられて仕方ない次第。






そんなこんなで12月。


本来なら既に販促業務など終え、年末商戦に奮起している筈なのに・・・
今年はヤル気なす。なす。無すデス。www


笑っている場合ではないですね。



頑張らねば。





そーいえば、先日、夕方にキレイなV字を描くハクチョーさん達を見ました。

あー・・・今年もハクチョーさん来てくれたのね(^^)と

のんびり眺めて12月を迎えております。




今日は、特なる御題も無く、

切羽詰って御報告する話も無く、

有益な地元情報を提供するでもなく、

最新の近況報告という程でもなく、

なんとも雑多な「お喋り」と相成りました。お粗末。








                   皆様ご自愛下さいマシ(^人^)
[PR]
# by mafo-pandakun | 2009-12-01 23:23 | 雑談

考える。

実は、昨年の初夏・・・叔父を亡くした。
可愛がっていた従妹の誕生日の朝だった。

「死」は誰にでも平等に訪れるというし、
どんなに心の準備をする時間を与えられても
それでも心身に堪える。

従妹の誕生日には毎年リアルタイムにメールや
プレゼントを送っていたのだけれど、
昨年はそのメールを打つ間もなく、
寝ているところに入った訃報であった。

何故、とは聞かないでくださいましょう。

いずれ従妹にとっては誕生日であり実父の命日と
なったことは確かなのだ。

私にとっては大好きな叔父、それだけかもしれないが
従妹や我が親にとっては生活を共にした父であり弟だった。

祖父母の時とは違い、青天の霹靂であった。

自分にとって大切な人たちの悲しみと戸惑いが余りに
大きく・・・
自分に何が出来るのか、
自分が彼女達を支えられるのか、
一体何が起きたのか、


心の中が少し落ち着くまで、気付くと1年近く経っていた。

「嗚呼、これが残されたものの為にある1周忌なのだな」そう思った。


それから間もなく、幼馴染の結婚式があった。
一周忌の法要の翌週のことである。
もちろん嬉しかったし喜ばしく、幼い頃からの思い出に涙した。





さらに、それから3ヶ月経った先月・・・
父が緊急入院した。






そして、今月の初めに台風と共にこの世を去ってしまった。

台風一過。

葬式の日は、岩手山が輝き、りんごの実が赤く熟し、稲穂が揺れていた。
涙も忘れそうな素晴らしい晴天だった。



こうして文字にすると「あー・・・居ないのかぁ。」と思うが
実感は伴なわない。
実感が伴なわないから悲しみが訪れない。

TVを見て馬鹿笑いし、
元気に仕事をし、
腰が痛いとゴロゴロし、
腹が減ったと大飯喰らい、
飲みに誘われ朝帰り、


どこにも父を弔う影が無い。


こんなものなのか。

今になって従妹や親の気持ちを反芻する。







考えたところで分かるはずも無い。

確かなのは、大事な人の誕生日の数だけ命日という日が
訪れるのだな・・・と言う事。





自分でも分からないけれど、突然の叔父の死でブログを続ける
意欲も余裕も無くなり放置したものが、父の死によって重い腰を
上げる気になった。



この1年と4ヶ月・・・今のところの人生で最も冠婚葬祭が訪れた。





今、ワタシが思っているのは「そーか・・・こうやって年をとって行くのだな」
と、言う事だけだ。
[PR]
# by mafo-pandakun | 2009-10-23 01:52 | 雑談