妄想日記

pandafone.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

最近はまっているもの

c0080667_22403185.jpg

更新・レス共に遅れてばかりですみませ~ん!
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-11-28 22:40

くぅりしゅぅまぁしゅぅ~

c0080667_14251114.jpg

[PR]
by mafo-pandakun | 2006-11-26 14:25

ネタ切れ

c0080667_1424177.jpg


わははは(^^;)
黒石野にあるパン屋さんにて…
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-11-23 01:43 | 雑談

ぱんの…

c0080667_23415532.jpg

[PR]
by mafo-pandakun | 2006-11-19 23:42 | panda

ぽかぽかな写真

c0080667_12443589.jpg


ワイヤープランツ焼酎の甕入り リビングにて
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-11-18 12:44 | FLOWER

ぽかぽか

風は冷たいけれど日差しは暖かい、そんな土曜日の盛岡です。
このまま晴れて夜になると、明朝はかなりの冷え込みとなる
のでしょうなぁ…。
状況が依然として変わらぬまま週末になってしまいました。
私事で更新が滞っておりまして、来週も同じような状況かも
知れませぬ。m(_ _;)m

誕生日の日…嫁ぎ先の家族みんなから誕生日プレゼントが
届きました。嫁いだ(旦那姓に変わった)にもかかわらず、
住んでいるのは私の地元。それは旦那からの強い要望で
した。込み入った事情は割愛するとして…そんな嫁らしからぬ嫁の私に、大阪の家族はプレゼントを贈ってくれます。
毎年。忘れずに。

「手紙ひとつで充分だよ?気を使わないで、ね?
 覚えてくれているだけで嬉しいんだからさ♪」

そう何度も言っているのに…

初めて旦那の家族に会った日、そりゃぁもぅ緊張して、
ズボラな私はとにかく失礼の無いように…とドキドキして
いたのだが、家族全員が温かく迎えてくれた。

盛岡からだったので、ご挨拶当日にいきなりお泊り。
翌朝、旦那も義妹もみんな寝ている状況で、完全夜型の
私は当然のことながら早起きした。義母と二人きり。
初対面の翌日なのに…義母と私は緊張感も全く無いまま
珈琲を淹れ穏やかな沈黙を過ごした。

無言なのに苦しくない時間。

あの日から…ずっと、変わらない。もしかすると気付かずに
私だけがのほほんと付き合っているだけなのかもしれないが、たまに会っても、電話しても、あの日のぽかぽかした
温かい心地よさが今も続いている。

今日みたいなぽかぽかした日には、思い出すんだなぁ。
初めて旦那の実家にお邪魔した日のことを。
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-11-18 12:19 | 雑談

あわわわわ…

諸事情で、これから急に更新が途絶える状況があるかもしれません。私自身は元気ですので、皆様どうぞご心配なさいませぬように…御気使いなく。

まぁ…そのような事態にならない可能性もありますが、
一応、念のため。

誕生日だってのに…それどころじゃないッス(T-T)
(と、最後にアピール)爆www
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-11-15 01:50 | 雑談

白鳥

来ました来ました!!!!!
今年も白鳥さんたちが元気に飛来してきてくれました!
いま将に夜空を啼いて渡っていく音が聞こえます。

冬が来ました!

(T-T)あぬ~ん…

10年ほど前、アネックス川徳の斜向かいにあるG・Sの前で
一羽の白鳥さんが怪我をして横たわり、大渋滞を招いていたことがありました。私は最前から2番目、そりゃぁもう一部始終?を見ることが出来たんですが、あのときの白鳥さん、今も盛岡(多分、高松の池)に来てくれているのかな。

思い出しても、ちょっとだけ心和んだのが、誰一人?
(多分…)白鳥さんに暴力的な行為はせず、我先にと
クラクションを鳴らして通ろうともせず、白鳥さんが無事に
保護されるまで温かい(?多分…^^;)目で見守っていて
いたことです。
記憶は美化されることが多いので脚色していたら恥ずかしいんですが、そう見えました。

シーズン振りの白鳥さんの声に、思わず本日2度目の更新。

今夜、予報どおり雪降るのかしら…
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-11-13 01:21 | 岩手県情報

言葉

「言葉」は、伝えるための道具であり手段である。
これは、私が持論と大きな顔して言うほどの内容ではなく
ずっと昔から言われている格言のようなものだ。

言葉…と一口で表現するには大きすぎる「言葉」だが、
言葉には、言い回し・語調・口調・語尾・組み合わせ・
選択・テンポ・・・などなど多彩な意味が含まれ、且つ
多彩な性質が相俟っている。

乱用すればするほど言葉の持つ意味は軽くなったり
逆に何度も繰り返す事で力が大きくなったりもする。

声を大きくすればするほど人々の耳には騒音と聞こえ、
かと思えば小声でボソっと放たれた一言に耳を傾けたり。

誤解を恐れる私のような者は、くどくど同じようなことを
手を変え品を変え、相手に逃げ場を与えず叫ぶ。

たった一言の「好き」が雫のように染み入る事が
理由付けが増えるたびに波を立たせてみる事も。

伝えるって難しい。

けれど…伝わるって、嬉しい。

相手に伝わることも、相手の心が伝わってくることも
それが心のささくれを優しく撫でてくれる…。

ブログやSNS、メール・・・道具であり手段である言葉が
一太刀の剣となって誰かを傷つけたり、見知らぬ誰かの
背中を押すスイッチになることもある。

「言霊」という言葉が少し流行しているように見えるのは
私だけかもしれないが、きっと皆、その意味を図らずとも
理解している(または肌で感じ取っている)に違いない、
そう願いたい。

私のブログは、「重い」だろう。
今風に言うなれば「ウザイ」だろう。
(って、そこまでたくさん読者が居ないと思うが…汗)

色々な面で時代に逆行していると、日々感じさせられる
私だが、それでもいいや…とこの年になって思えるように
なってきた。

言葉を大切に使いたいと思うのは、相手を大切にしたい、
そう思うからだ。おかしな理論かも知れないが、道具を
大切に扱う人は信用できる、ぞんざいに扱う人はきっと
人をも使い捨てるように付き合う。そう思っている。

PCの世界だけでやり取りをしていると、ゲームをリセット
するかのように付き合う人間を選んだり変えたり退会して
何事も無かったかのように終えたりできるが、それこそが
ぞんざいな扱いだなぁ、と思うのだ。

そんな付き合い方、コミュニケーションは、何処まで行っても
空想の世界でしかない。生身の人間が相手の顔色、声色、
表情、仕草、体温を感じながら、お互いの大切な部分を
尊重しながら、ときには理不尽な誤解や喧嘩を交えながら、
それでも相手を理解しようと努力し続けるなかで放たれる
言葉にこそ言霊が宿る…。

こういうことをPC上で主張して適切かどうかは断言できないが、PCの世界に呑み込まれず、文章・言葉に潜む書き手の
実像を想像し、その上で相手と心地よいコミュニケーションを
取れたら…生身の付き合いを真の意味でサポートする
素敵なアイテムとなるのだろうな。


        でも、やっぱり表現って、言葉って難しいね。
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-11-13 00:59 | 妄想

ふらい

c0080667_22474599.jpg

帆立貝と鱈のフライを作りました。
牡蠣フライも捨て難い!ところなんですが、牡蠣は大粒が売り切れていて小粒だけだったので、かきご飯になりました。
実は私、あまり大粒の牡蠣が得意ではありません。小粒が好みなので、家族と取り合いになることなく安心して味わいながら食べられます。
小粒の牡蠣は、味噌汁にしても美味しいし、炊き込みごはん(牡蠣ご飯)も美味しいし、チーズ焼きも旨いし、ムニエルも上手い!
牡蠣はエライなぁ。っていうか貝類って旨いなぁ。

貝尽くしのメニューとなりましたが、美味しかった♪

あ、そぅだ…ふらいの話だった。
我が家の揚げ物は断トツで、鱈と帆立貝のフライ、コロッケ、青魚の竜田揚げが人気です。
そんなに揚げ物率は高くない(平均して月いち程度)ですが、来客ご飯などでリクエストが多いので、やるときゃ量がスゴイ!
天麩羅は流石にプロのようには出来ず、ついつい敬遠してしまいますが、フライと竜田揚げに関しちゃ味とバリエは自信あります。仕上げは些程きれいではないけれど…汗

基本的にソースをたっぷりかけるのが好きでないので、そのままもしくは軽くレモンを搾る程度で美味しく食べられるよう、下味&下拵えをしっかりやるんですねぇ。

はっ!食べ物の話になると長くなってしまう…( ̄▽ ̄;)
食い意地張ってるのがばれる…
って既にばれてるか。ぅはははは♪

ごちそうさまでした~♪
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-11-11 22:47 |