妄想日記

pandafone.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

サバニラ定食

c0080667_075466.jpg

我が家は、お互いの仕事の都合上、一緒に食事を
とれるのは一日一回のみである。
それ故に旦那様の体を気遣い、その一回に全身全霊を
掛けて食事の用意をする。
なんてことは無いのだけれど(私の仕事もかなりの
ハードワークなもんで)、それでも元来の料理好きから
結構、手は掛けている方かもしれない。

と、まぁ自慢話?はさておいて、今日のメニュー♪

タイトルにもあるように【サバニラ定食】です。

1.鯖は三枚下ろしにしたら、塩をふり下味を付ける
2.を一口大に切り、唐揚にする
  →(竜田揚げでも問題なし)
3.の荒熱を取る間に、ニラをザクザク切る
4.フライパンに少量のごま油とラー油を垂らし熱する
5.2と3を一気に投入!
6.鍋の中身を躍らせるように数回返す
  → point! 菜箸やフライ返しなどを使わず
    鍋全体を使って具を躍らせると、仕上がりが良い
7.醤油と酢(お好みでほんの数滴)を鍋肌から回し入れ、
  更に数回鍋返ししたら完成!

と、言うわけで、本日は・・・

* サバニラ炒め
* おからの炒り煮
* 白米
* 豆腐と葱の味噌汁

で、ございました。これが結構旨かった。
夏場など体力が落ちる季節ほど、酢を少量入れるだけで
食欲をそそられます。(入れなくても美味しいよ~)

魚は子供だけでなく大人も食べる機会が減っている昨今
でございますが、年を取るほど肉が苦手に・・・。
このメニューは大人も子供も美味しく食べられる魚料理!
是非、一度お試しあれ♪
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-07-31 00:19 |

「僕はラジオ」

タイトルにある映画は邦題であって、原題は
「RADIO」だったかしら。
2~3日前にWOWOWで昼ごろから放送したのだが、
この日、実は朝から出かける予定だった。
旦那に御飯を食べさせて、茶碗を洗ったら出かけよう、
そうしよう、と密かに心に抱く企みはWOWOWの前に
脆くも崩れ去った。
(出掛ける欲も映画には負けるよなぁ・・・)

さて、この「RADIO(僕はラジオ)」、
知的障害者を主人公に、片田舎の高校を舞台にした
実際にある話を映画化したもので、まぁ、いわゆる
「ヒューマン」である。
実際にある話、というのは最後のエンドロールで
判明したのだが(私の場合。いっちゃん最初を
見ていなかったので旦那は分かっていたのか?)、
端的に申し上げて「心洗われた」。

学校にも行かず(行けず?)毎日ふらりふらりと
街中・高校の周辺をうろつく主人公と、その姿を見て
気に掛け、主人公を高校・片田舎の町人達に何とか
溶け込ませようとする名コーチ(フットボール)であり
教師が居て、主人公を苛める敵役が居て、主人公の
取り巻きが居て、教師に文句ばかり言う敵役の父が
居て・・・
キャスティングやストーリーには何ら派手さも無ければ
派手なギミックも無い。実に地味に話は進んでいく。
事実は小説より奇なりとは上手く言ったもので、
実際の話である事と俳優陣の素晴らしい演技力に
縁って仕上がった作品だったのではないだろうか。
正直、この映画の事前知識があったら、恐らく私は
この作品を見なかったかもしれない・・・。
大体にして、元来、私は「お涙頂戴もの」というか
偽善的香りには敏感なほうで、周りが「泣ける」とか
「感動的」と謳えば謳うほど眉間に皺が寄る。
けれど、不覚にも泣いてしまった。

その全てに於いて地味な話も、地味な脚色であるが
故に事実を過剰評価せず「胡散臭さ」漂わぬ作品と
なったことだろう。

具体的なストーリーは皆様各人において観て頂きたい。

久しぶりに人に薦めたくなる映画だった。
是非ご覧くださいまし。
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-07-29 00:34 | 映画

心の皺

人生には何度と無く「旅立つ」瞬間が訪れる。
肉体の生死も瞬であり、旅立ちの瞬間でもある。
「瞬間」と表現しているのも、その人がその選択・決意を
する「瞬間」が確かに在り、行動としてその一歩を踏み出す
「瞬間」が在るからである。

多くの人が気づいている事と思うが、「生きる」と言う事は
大事が小事に至るまで全てが「選択」の連続だ。

目覚めた瞬間に
1.このまま起き上がろうか
2.二度寝しようか・・・
3.暫く布団の中で温もりに浸ってようか

一つを選択し、仮に起き上がったとすれば次なる選択
1.身だしなみを整えようか
2.何か飲もうか
3.一服しようか
4.新聞取りに行こうか
5.etc・・・
と、各人による無数の選択が在る訳だ。

毎日、無意識のように思える睡眠時にも脳は活発に
動いているわけだから、24時間選択の連続なのである。

心臓の鼓動と同じ位に選択を繰り返し、その中には旅立ち
へと続く選択があり、旅立ちは次なる旅立ちへと誘う。

選択を繰り返しているうちに私たちの脳は学習し、
失敗と成功あるいは何かしらの結果が脳に刻み込まれ、
その学習は常に未来の選択に反映されるのである。
その分かりやすい例が恋愛であろう。

人付き合い・受験・恋愛・就職・結婚・転職・子育て・・・・と、
旅立つ時期(=岐路=ジャンクション)に幾度と無く遭遇し
その度に「経験」という心の皺を獲得する。

ある人は結果よりも経過を重視し、
ある人は経過よりも結果を全てと捉え、
ある人は問題の原因ばかりを追究し、
ある人は問題の解決ばかりに尽力する。

ある瞬間から選択を繰り返し結果に至るまでは
聖書の一節でもある
「一粒の種が地に落ちて、やがて大きな実を結ぶ」に
終始する。

始まり(=原因)も経過も結果も、全ては分断出来るもの
では無く、始まりは結果であり結果は始まりである。
そして、それら全てが何かしらの「経過」でもある訳だ。

事の善悪、あるいは他人の賛否・・・
あるいは自尊心の潤渇というものを、棚上げしてしまえば
それら一つ一つが心の皺となり、諸刃の剣となる。

生き方は、

己の生かし方であり・・・殺し方なのかもしれない。

c0080667_2254037.jpg


※ ここで断っておきたいが、私は何かしらの信者でも
  なければ宗祖でもない。共感できる一節を引用したに
  過ぎないので、悪しからず。
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-07-21 22:55 | 妄想

blog

またしてもやてもぅた・・・

なんで何度も同じ失敗を繰り返すのだ!?私よ

長編ブログの第1話をせっせこせっせこ書き綴って(打ち込んで?)
一旦どこかに保存しておこうと思った途端、タイプミス・・・

一瞬にして消えた幻の「雫石編」第1話

いい加減、学習しろっつーの(T”T)

今日はもうやる気ないなぁ・・・
こんな日もあるよなぁ・・・

どうせ読んでる人なんて居ないし。

こうして私の超悲観的マイナス思考回路は拍車をかける。
やーめよっと。

明日も一日、会う人と笑顔で過ごすことが出来ますように。拝
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-07-19 00:37 | 雑談

皇帝ペンギン



本日のWOWOWで「皇帝ペンギン」を見た。
自然のドキュメンタリー映画・TV番組など大好きで、
アニマルプラネット(ツ?)のためにCSにしようかとも考えて
いたのだけれど、私たち夫婦には毎年欠かせないイベントが
ありWOWOWを選択した。ここまで書けばイベントが何で
あるかはおわかりと思うので、それについてはまた後日。
(尤も我が家の経済が今以上に逼迫すればWOWOWも
止めねばならぬだろうが・・・今は唯一ともいえる贅沢)

ペンギンは、卵をオスが温めて孵すと聞いたことがあったが、
その間なんと3ヶ月!であった。
極寒の地で卵を体から離した途端、ものの数秒で卵は凍て
つき、その命は終えるそうだ。
実際、見ていると若いオス親が上手に卵を抱えられず
(足の甲と短い股の間で包み込むようである)
目の前で卵はみるみる凍りつき割れた。
放心状態(?)で卵を見つめる若いオス親・・・
その間も容赦なく吹き付けるブリザード。

メス親が産み落として直ぐに餌を求め旅に出ている間、
飲まず食わずで(雪を食べて渇きを癒しているようだが)
卵を暖め続けるオス親。(餌場は海中なので、氷の大地から
海に入れるポイントまで短い足で歩き続けるのだ)

オス親は旅に出られる程度の僅かな余力のみ残し、
その体内に保存していた栄養分(未消化の糞?餌?)を
孵ったばかりのヒナに与えメス親の帰りを待ち続ける。
やがてメス親の姿を見つけたオス親達は、三々五々散らばり
始めるのだが、その瞬間に我が子を見失うオス親も多い。
それでもメス親は我が子に餌を与えることが最優先なため、
コロニーに戻っても旦那(=オス親)を探すことなく、泣き声を
頼りに我が子を探す。
無事にメス親が帰り、我が子に餌を与えることが出来ても
今度は直ぐにオス親が旅に出るので、家族三人(3羽)
ほのぼのとした団欒を迎えることはない。
それどころか、我が子を見つけ出しても再会を果たせぬ
夫婦は多いようだ。

オス親・メス親・ヒナの三役揃え、擬人的なナレーションが
続くため感情移入を誘う作りとなっており、ペンギン好きは
勿論、親子で見ても面白いドキュメンタリー映画となっていた。
多少残酷なシーンも無い訳ではないが、むしろ個人的には
大いに見せショックを受けさせるべきと思っている。

戦争や暴力シーンの多いゲーム・映画を残酷と感じずして
食物連鎖(あるいは命のための狩)を残酷とのたまう方が
よほど危険な教育だと思うから。

今の世の中のように、自分の餌を誰かが殺してくれていると
気づかない(或いは積極的に教えない)から「いただきます」
も「ごちそうさまでした」も言えない(言わない)人間が
増えているように思うのだ。

だいぶ話が逸れ熱く語ってしまったが、自然の摂理・営みに
関しては、本・映画など、自分の未知なる世界を少しでも多く
覘いたほうが、情感を豊かにし想像力と思考力を養うのでは
なかろうか。
それこそが自分が生かされているという事の認識を深め
感謝と畏敬の念を育むと思っている。

「皇帝ペンギン」は、今月の終わりあたりの日曜日に再放送(WOWOW-D)があった筈なので、気になる方はご覧下さい。

ついつい語っちゃうなぁ。


c0080667_0491676.gif


※この画像の製作者様へ
 お名前(サイト)の記録を誤って消してしまいました。
 ここに使用させていただくことを感謝しお礼申し上げます。
 分かり次第あらためて貴サイトにて御礼申し上げますと共に
 当投稿の画像にも修正コメントを加えます。
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-07-18 00:54 | 映画

精神沈没

日本沈没は困るし恐ろしすぎるけれど、フと考えてしまう。

この世の人間は、何が欲しいのだろう?

どれほどの富を以って幸福とみなすのだろう?

どこまで排除しようとしているのだろう?



いっそ・・・全てが無になってしまえばイイ・・・などと
傲慢で矛盾した思いが浮かぶ。

私にも大切な家族が居て大事な友が居て、こうしている今も
一所懸命に消えかかる命を必死に行き抜こうと頑張っている
方々が居て、その命を救わんと、将に身を粉にして尽力して
いる方々が居て・・・
そんな人たちすらも消えてしまえばよいなどと誰も思わない。
私だってそんな事を願っているのではない。

けれど、確実に

人の命を軽く考える人間が増え

我が家族さえ楽しく暮らせれば良いと考える人間が増え

自分のした事さえも気づかぬ振りで卑怯と感じぬ人間が増え

周囲を思いやれぬ人間ばかりとなり

汚泥の山は天を目指す。

きっと、その山を「汚泥」と見なす人間は、至極僅かであろう。

ほとんどの人が

自然を求め山野草を踏み荒らし

資源を節約すべきと新たな製品を買い求め、

我が子を抱きしめながらセックスに興じ、

老人は大切にと声高らかに潜在的な生きる力を奪う。

狂牛病を恐れながら牛肉の値上がりを批判し、

教育改革を唱えながら我が子の声に耳を塞ぎ、

戦争反対を訴えながら「いじめ」から目を逸らす。


矛盾に苦悩する振りをして保身に勤しむ人の山は、さながら
汚泥の山と言えまいか・・・。

愛する家族と日々を共に出来る喜び・・・

白いご飯を美味しく頂ける幸せ・・・

今日も変わらぬ朝を迎えられる尊さ・・・

家族さえも笑顔に出来ずして富の向こうに何があるのか。

そこには・・・緑に塗られた汚泥の山が、
汚泥を掬い固めんと必死に這い蹲る人間が、
汚泥を売って更なる山を築こうとする人間が、
土石流となって流れるだけかもしれない。


c0080667_142771.gif


※この画像の製作者様へ
 お名前(サイト)の記録を誤って消してしまいました。
 ここに使用させていただくことを感謝しお礼申し上げます。
 分かり次第あらためて貴サイトにて御礼申し上げますと共に
 当投稿の画像にも修正コメントを加えます。
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-07-17 02:25 | 妄想

フリークス

昨日、旦那と漫画喫茶に行って来た。
盛岡市津市田?ドンキー地内にある「freaks」
色々な漫画喫茶に行っていたが、このフリークスに先月初めて行ってからハマッた!!!
何が凄いって「飯」が旨い。某ファミレス並みのメニューを揃えているのだけれど、安いし旨い。期間限定のカツバーガーなどをおいていたのだけど、メニューの写真に騙されるどころか写真より実物のほうが桁違いに旨そうで、見た目に騙されることなく旨かったのよ。

おススメメニューは・・・
◆第1位◆ ピザ
  なんたって生地の旨さは下手なデリピザよか数倍旨い。
  具は冷凍ピザのように味気なくもないが何枚でもイケる。
◆第2位◆ 塩焼きソバ
  ちょっと油っぽいかな?とも思うが、あの絶妙な味は
  癖になる。そして、やっぱり安い!
◆第位◆ ジャムトースト
  ¥200という値段に「高いんじゃない?」と思った己に
  思わず拳。いざ来てみたらパンの厚いのなんのって。
  ペラペラの8枚切りが来るものとの期待を見事に裏切り
  おそらく4枚切りくらい。市販大手メーカーの特売パンでは
  なく、市内の個人パン屋さんのものではなかろうか・・・。

全体的にカロリーが高そうな仕上がりではあるが、その辺の
ファミレスに行って同じ値段を払うなら、フリードリンクであり
漫画も読め、何より「旨い」「フリークス」
行ったほうが良いとの結論に達した私たち夫婦であった。

ちなみに丼モノは未経験。
やはり丼モノを食べて初めて完全勝利であろうから、
ここでは敢えてフリークス完全勝利宣言は出さずにおこう。

私がこの日トライしたのは9時間パック。
イニシャルD、ライフを読みタイムアップでした。
唯一の誤算は、2作品とも連載中であったこと。

前回は、6時間パック+延長という失態をおかしてしまったが、
今回は夫婦ともに満足ゆく結果。

そうそう、前回は畳部屋を選び大満足!
今回は空いてなかったのよねぇ(T□T)
        
[PR]
by mafo-pandakun | 2006-07-16 01:28 | 岩手県情報